カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

中日優勝ですか

名古屋に生まれ育った者としては野球と言えば中日ドラゴンズなわけで、それは否定しないのだけど、問題は熱なわけで、正直、微熱すらない。最後に中日優勝で盛り上がったのは1988年の監督星野先生、落合先生が4番を打ったときで、東京暮らしをはじめて7年ぐらい、まだまだ名古屋とそれなりにつながっていたし、ドラゴンズ好きの後輩とよく遊んでいたりして、またまた88年は奇跡的な勝ち方もあったりして、そりゃそこそこには盛り上がりました。

でもねぇ。
あれからすでに18年の歳月が流れたわけで、プロ野球の基本はフランチャイズ、住んでいないと熱は下がります。いまだ名古屋で健在な父は、日本シリーズのチケットを取れと言う。
業界人なら取れると思っているらしいですね。
なので明日e+に抽選販売の申し込みをします。
疲れますなぁ。
[PR]
by snowandwind | 2006-10-13 00:22 | sport

年内で引退すか?

ディープインパクトが年内に引退して来春から51億円のシンジケートで種牡馬入りなんだそうだ。池江先生にも武豊先生にも相談はなくオーナーである金子ホールディングスだかの決定で、二人には結論だけ伝えられたそうだ。
ふーん。
どうにも釈然としない。
金子ホールディングスの所有物、引退させようが走らせようがオーナーの勝手。

どうにも釈然としない。
そもそもそんなオーナーの馬だからオーナーの勝手なんてな理屈は普通の馬のことであって、フランスでの海外レースに日本人5000人が集結し、NHKが生放送し、それが15%以上の視聴率を取れる馬が、普通の馬であるはずがない。

オーナーの中にはディープインパクトがすでに国民的な馬になったっていう認識がまるで欠如している。国民を納得させる義務があるのだ

51億の馬が万が一故障でもあったらだれが保証するんだってことなんだろうけどね。欧州では当たり前な4歳での引退だけど、そうやってスターホースが早々といなくなって衰退を招いたのも欧州競馬。

どんな理屈をつけても結局はロマンよりもお金を取った印象はぬぐえない。

正直がっかり。フサイチの名前が付くのは嫌だけど、ふさいちがオーナーなら良かったのになぁ。
[PR]
by snowandwind | 2006-10-12 00:48 | 競馬

凱旋門賞速報

ディープインパクトさんは早め抜け出し粘りきれずで3着。

ああ。

大好きな武豊先生でも言ってしまおう。
あのレースを見たかったわけじゃないし、
あのレースをしたかったわけじゃないよなぁ。
同じ3着でも、大外ぶん回して届かずの3着なら誰もが納得するんだと思うんだけどなぁ。

消化不良。
飲も。
[PR]
by snowandwind | 2006-10-02 01:09 | 競馬