カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

プチ同窓会

小学校の同窓会に行って来た。
といっても出席者3名のプチ同窓会。
ただしその3名は、わかっている限り東京在住のすべてであって、それは、つまりが昭和50年卒業の稲葉地小学校6年1組東京出張所的には出席率100%ということになる。
今回が、3回目。
一年に3回だから、かなり頻繁ってことになるし、実際普通に考えれば、懐かしいってこと以外に話題はあるのかとも思うのだけど、意外にコレが、ある。
話題は続くのだった。
今日の話題は、高血圧に転職するなら生コンの運転手、お受験から体罰の是非から親子でも反りの合わないことはある、までいろいろ。
43才の中年男女には、話題がないなんてことはないのだった。

むんちゃん、また仕切ってね。
[PR]
by snowandwind | 2006-05-31 02:14 | 人生な感じ

ホスファチジルセリン

最近なにかと、言葉がでてこない。
とくに、人の名前がでてこないことと言ったらはなはだしい。
「あれ、何だっけ、ほらほら」みたいなフレーズが多くて嫌になるし、嫌になるどころかかなりヤバイ。
そんな状況で本日の「あるある大辞典」ではDHAが物忘れに良いと特集していたけど、何を今さらな感じ。
ずっとサプリを服用していて、おそらく人よりも魚を食べているのになおかつ微妙にボケが進行中だと自覚している自分が言うのだから間違いない、DHA服用しても何の変化も無し。

ヤバイヤバイと危機感を感じ、大学時代にそんなことを研究していたという某ディレクター氏になにげなく嘆いたところ、ちょっと調べてあげると言われてでてきたのが、秘密兵器のホスファチジルセリン。なにやらとても怪しくて、当然まだまだ「あるある大辞典」でも紹介されていないけど、これと話題の銀杏エキスのサプリを注文して服用開始。

備えあれば愁い無しじゃ。
[PR]
by snowandwind | 2006-05-29 03:21 | 健康

第73回日本ダービー

一口馬主として毎年馬を買ってはいるけどここ10年近く競馬はやっていない。
馬券を買うのは、愛馬が出走した時の応援馬券と、ダービーのみ。
一口馬主をやっていると、やっぱり、ダービーが一年の終わりって感じがして、その年の集大成としてのダービーは、つい馬券にも手を出してしまうのだった。
まぁ、そんな馬券なので当たりません、最近は当たった記憶がありません。

個人的な話だけど覚えている最古のダービーは、1972年のロングエース。9才ぐらいですね。父親も母親も父の会社の若い衆も馬券をやっていたし、京都に行くと言えば伏見稲荷と京都競馬場、やれ行楽だ観光だって言えば各地競馬場という家で育ったので、このダービーもレースを覚えているというんじゃなく、家でみんながテレビを見ている景色と、名人といわれた武邦彦騎手(言わずとしれた武豊父)がよーやく取ったダービーだ、良かった良かったと大人が言っているお茶の間の記憶。
あ、名古屋だったんで競馬は関西圏でした。
翌年、ハイセイコーが大ブームになり、このレースはテレビで見た記憶もあるし、その前後はエポック社から「競馬ゲーム」(電池駆動でコースがスライドして磁石のついた馬がランダムに走る、今考えればそれなりによくできていた)が売り出されるようなちょっとした競馬ブームで、それは1977年暮れの有馬記念、3強といわれたトウショウボーイ、グリーングラス、テンポイントの名勝負と翌年早々のテンポイントの死あたりまで続き、そのテンポイントが死んだニュースはスポーツ紙の一面トップだったし、一般紙にもデカデカと載っていたような気がする。
その後は1983年ミスターシービー1984年シンボリルドルフの三冠ぐらいからもう一度盛り上がってきて、バブルの絶頂だった1990年のアイネスフウジン20万人の中野コールがおそらくJRAにとってもピークだったんですね。

まあそんな話はさておき、明日の予想です。
サンデーサイレンスの子供が走る最後のダービー。結局最後までサンデーは強かったってことになりそうで、ちと不安なんだけど、今年のSSの仔で強いなぁと思ったのは、青葉賞のアドマイヤメインぐらいだから、この際、サンデーはいらないことにする。
本命は、皐月賞の調教で坂路を駆け上がってきた姿が96年のフサイチコンコルドとだぶってしまい早々とダービー本命に決めいていた⑨サクラメガワンダー(名前ださいけどジャングルポケットもださかったからなぁ)、対抗は終わってみれば二冠馬だった97年のサニーブライアンと地味なところで生き様がだぶる皐月賞馬②メイショウサムソン。さらにはメイショウサムソンと1勝2敗で大崩れのない皐月賞2着馬⑮ドリームパスポート、母父トニービンが府中よと言っている。
この3頭を本筋に、藤田が一発を狙う⑤トウホウアランとなにはともあれな武豊先生の⑩アドマイヤムーン、⑥アドマイヤメインはお隣の枠に入ったフサイチ軍団の一頭⑦フサイチリシャールさんの嫌がらせを受けるだろうから青葉賞ほど素敵には逃げられないし、逃げられないとこの馬は脆いのでおさえまで。
そんな6頭の組み合わせでどんな馬券を買うかは明日の馬場状態、パドックの様子も参考に、レース直前まで粘りますぜ。

結果。
②-⑥-⑮

ぐはは。取りました。
フォーメーションって言うんですか?
②⑨⑮の1着固定で2着3着②⑨⑮⑤⑥⑩への流し。
都合60点買いですね。
配当126.5倍だから、ド本命の枠連2倍の一点買いと成果は変わらないんですけどね。
でも三連単は初めて取ったのでそれだけでもれしいです。
[PR]
by snowandwind | 2006-05-27 23:55 | sport

高血圧

10代の頃はウエストコースト系のファッションでTシャツを買いあさり、20代の頃はDCブランド系にも染まり黒っぽい服を買いあさり、30代でヨコ乗り系の洗礼を受けVOLCOMやLSS、HSSのグッズを買いあさりと、まぁ節操のないファッション人生を送ってきたわけなんだけど、40代になって、そんなファッションのブームが訪れる気配もなく、その代わりに買いあさっているのが健康器具。先日も高血圧が判明して血圧測定器を購入。ふと周りを見渡せば、体脂肪計つき体重計に吸入器などなどオムロンな皆さんが勢揃い。
オムロン系な40代です。
時の流れは残酷ですなぁ。
[PR]
by snowandwind | 2006-05-17 03:43 | 健康

松井がいない。

ヤンキースのことじゃなくてもちろんサッカー日本代表。
実際に攻撃のオプションとなるような選手は少ないのにもかかわらず、数少ないオプションのひとつ松井がいないのはおかしい。ポジションがないというけど土曜日の試合は結局スリートップ。玉田よりもはるかにドリブルはうまいし今のFW誰と比べても得点能力は高い。んでもってうまい。久保の落とした理由がコンディションなのに骨折して完治していない柳沢がメンバー入りしているのもおかしい。実際問題誰かがケガしないかぎり遠藤というカードを切ることがあるとは思えない。
一言で言えば、テンションの上がらないメンバー。
まぁ、どう考えたって100%使いもしない守備のオプションを優先して、さらに自分の決断力の無さのために合宿地まで連れて行って、攻撃のオプションKAZUと北沢を落としたコオロギよりは全然マシだけど。
それでもがんばれ!日本!

ちなみに今回のメンバーの個人的なスターティングメンバーとポジションは以下の通り。
システムは、点取らなくちゃ勝てないんだからってんで三都主先生の開けた穴は他の3人とボランチが根性だけで埋めまくる超強気の4-4-2
三都主・宮本・中澤・加持-小野・中田英・中村・小笠原-巻.高原

ど?
[PR]
by snowandwind | 2006-05-16 00:04 | sport

お葬式

5月3日に叔父が亡くなり、通夜・告別式に出席することになった。
最初は通夜から出席する予定だったが、息子さんが発熱してバタバタしたり、通夜に行っても宿泊するところがないだろうと言うこともあって、告別式だけ参列することになり、5日の早朝から埼玉県は本庄市に。
普通は告別式のあとに出棺して火葬場で荼毘に付されてそのあとに初七日、精進落としと続くんだと思うけど、この地方独特の慣習なのか、告別式の前に荼毘に付されていて、昼前に着いたらすでに出棺したあとだった。
最後の別れもできずに、なんだか空かされたような気分だったけど、それでも久しぶりにいとこたちなどと再会できて、不謹慎ながらもそれはそれでって感じだった。
現地へはいったん姉のところまで車で行き、姉の車に乗り換えて姉夫婦と行った。だからの失敗なんだけど、ゴールデンウイーク真っ直中で、帰りの関越自動車道下りは、本庄児玉インターからすでに12㎞の渋滞。よーやくその渋滞を抜けたところで、いとこから電話があり、葬祭ホールに、誰かが車の鍵を忘れたみたいなんだけど、これって?みたいな。
うぁああああ!みたいなね。
義理の兄にUターンしてもらい葬祭ホールに戻り再び関越下り渋滞の中へ。今度の渋滞は15㎞だった。
こんなミスをする人じゃなかったのだけど、老化しているんだなぁ。
[PR]
by snowandwind | 2006-05-06 23:16 | 人生な感じ