カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ベンツが欲しいねぇ

うちの息子さんはかなり異常な車好き2歳半なのだけど、どのぐらい異常かというと、道路を走っている乗用車の約半分ぐらいはメーカーと車種を言えて、日産やトヨタなど国産に限ればほぼ80%以上の車種を言い当てる。
つまり、走ってる車を見て『日産てぃーだぁだねぇ』とか、『トヨタにゅーBBぃ走ってるねぇ』とか『ホンダおでっせい欲しいねぇ』とか言うのだ。
そんな息子さんなので、休みの日には、メーカーのショールームに連れて行けと言う。連れて行けばご機嫌だったりするので、昨日も妻がダイエーに買い物に行っている間、近くの日産のとヤナセに入ったのだけど、ヤナセに入った途端、パパの中に、その時までまるでなかった購買欲というか物欲というか、そろそろ車を買い替えたいという欲が芽生えてきてしまった。

『ベンツEクラスワゴン欲しいねぇ』という息子に、つい普通に頷いてしまった。
たしかに欲しいのだ。
欲しいなぁ。
[PR]
by snowandwind | 2006-03-27 23:13 | 人生な感じ

ドバイシーマクラシック

昨夜10時過ぎから今日の早朝にかけてアラブ首長国連邦(UAE)のナドアルシバ競馬場でドバイ国際競走が行われ、その中のひとつ、ドバイシーマクラシック(GI、芝2400メートル)を昨年の有馬記念を制したC・ルメール騎乗のハーツクライ(牡5歳)が優勝、賞金300万ドル(約3億5100万円)を獲得したのだった。
ハーツクライは、共有一口馬主の雄・社台サラブレットクラブの所有馬で、2002年に募集されている。一口価格は父サンデーサイレンスの牡馬としてはお手頃な値段の150万円だった。個人的に当時はまだ、関西馬を購入するつもりのない時代で、ベルーガやクラシカルウィークを買った年なのだけど、ハーツクライをまるで買えなかったわけでもなく、買える可能性があったから多少悔しいのだった。
もし、ハーツクライの1/40オーナーになれていたら今頃は、300万ドルの1/40だから、手数料やもろもろ引かれてもおそらく700万円ぐらいをGETしていたわけで、今までの総獲得賞金が5億4千万円ほどで、その1/40は約1300万円。さらに、欧州市場や米市場で、ハーツクライの種牡馬としての魅力はかなりあがったと思われ、うらやましいのぉ。

とゆーことで今年買うなら、もう絶対リーディングを争う関西トレーナー入厩予定の牡馬に決まりなのだった。
それにしても関東馬は、というか関東の厩舎はいつまでたってもダメだなぁ。
なぜなんだろう?
[PR]
by snowandwind | 2006-03-26 09:09 | sport

お家

お家を建てるための土地を探し始めてもう3年ぐらいたつけど見つかる目途が立たない。そうこうしているうちに土地の値段はどんどん上昇し、ついでに金利も上がりはじめるようで、どうやら時機を逸したようだ。
前にどこかで書いたけど、どんな場所にどんな家を建てるかって言うのは、結局のところ、あなたはどう生きていきたいのかって、生き方そのものを問われているみたいで、自分のように確固たる生き方を持っていない者にとってはものすごく、答えを出しにくい問なのだ。
知り合いの作家さんは、代官山のど真ん中にお家を建てたり、渋谷に歩いていけるところにマンションを購入したり、海を望む避暑地にお家を建てたりしている。そんなお家たちを見ると、それはなるほどその人の考え方、生き方をとても感じられる住居だったりするのだった。
はぁ~。
ないんだよなぁ、これと言った生き方なんて。
強いて言えば「無理しない」「流れに逆らわない」「運に頼る」ってのが、今までの生き方の基本三原則だったんだけど、そんな奴はいったいどこにどんな家に住めばいいのか?

いい加減どっかで何とか手を打って買っちゃわないと、探すっていうストレス溜まるし、きっとノイローゼになっちゃうなぁ。
[PR]
by snowandwind | 2006-03-24 23:10 | 人生な感じ
イチロー先生のことを全マスコミが大絶賛ですね。
CMのギャラも鰻登りなんだそうで、以前よりももっともっと国民的大スターになられました。
そんな大スターに、わしったら、セルフプロデュースが下手だなんて書いてしまったわけですね。いやいや、ちょっと恥ずかしい。反省です。

ただなぁ、それでもなぁ、やっぱり、そこは、戦った相手をリスペクトして欲しかったなぁって思っちゃうんだけど、そう思うのも、わしだけなんですかね?
[PR]
by snowandwind | 2006-03-23 23:48 | sport

日本テレビのWBC中継

は、久々に、その能力を疑うほどの、ひどい中継だった。
プレイボール前の『君が代』をCMで飛ばし、優勝決定後のセレモニーでは肝心のトロフィーの授与式が放送時間外となって提供ベースになっていた。
『君が代』の一件では、キューバの国家演奏のあとだったかにアナウンサーが『少し時間がまいてしまいまして君が代を中継できませんでした・・・』みたいなWBCの進行のせいだと言い訳してるし、改めてスポーツニュースなどで使われた『君が代』のシーンでは、そのアナウンサーの『(CM入っちゃって)どうするの?どうフォローするの?』みたいな声がうっすらと入ってるし、いやいや最悪。
トロフィー授与のシーンもかなり驚いた。サッカーのワールドカップではトロフィーを授与された選手たちが天に向かってそれを高く掲げるシーンが、毎度毎度サッカー雑誌の特集号の表紙になるぐらい重要なシーンなわけで、もちろん野球だってそこがクライマックスと思われ、そんな大事なシーンが、純粋に日テレの判断で5秒程度の提供ベースとは。
これだけの国民的行事になったんだから、『ザ・ワイド』なんて、営業的にも編成的にもいくらだって飛ばせたはずで、そこを『15時15分からワイド』って編成判断は、もう、おそろしい感覚と言うほかない。

センスが無さ過ぎて腹立たしいのだった。
[PR]
by snowandwind | 2006-03-21 23:30 | sport

タレント打ち

最近、不思議にタレント打ちに顔を出している。
3週間ぐらい前に南海キャンディーズのお二人、2週間ぐらい前にTOKIO・国分太一さん、そして本日は嵐の相葉雅紀さん。
おおよそ、タレント打ちに台本を書く作家が参加するのはとても良いことなのだけど、打ち合わせ日時は、当然、タレントさん本人のスケジュール優先で組まれるので、その時間に仕事が入っていれば作家は参加できない。
ところが、3連続でなかなかにスケジュールがピッタリはまってしまったのである。奇蹟と言えば奇蹟だし、お前暇かと言われれば、おおそーゆーことだったのかとも思うのだけど、いずれにしろ、スケジュールが厳しい時には厳しいと言うけど、開いているのにもかかわらず開いてないと言うほどすれていないので、気が進まないながら参加するのだった。
気が進まない?
そう、気が進まないなぁ。タレント打ちってとっても疲れるんだよねぇ。
とにかくいろいろ気を使う。
とりあえずの笑顔とか、場の空気を重くしないための軽口とか、口が重いタレントだったりするとなんとかこじ開けてネタを持ってこないと帰れないし、かといって作家がしゃべりすぎると演出の立場もないだろうし、元々知らない人とおしゃべりするの苦手だし・・・とか言っていても仕方ないので今夜もスイッチオン!

ところが、これが意外に楽しかったのだ。嵐の相葉君は気さくなでナイスなキャラですなぁ。
スイッチオン!ってほど気合いを入れてお仕事モードに入れたんだけど、そんなことが拍子抜けするぐらい楽しい打ち合わせとなりました、はい。
そこでふと考えると、今回の3連発な御三組はすべて楽しいとまでは言わなくてもまるで気疲れ無しだった。100%皆さんのキャラクターのおかげなんだけど、全部こーゆー皆さんだったら、もっと頻繁にタレント打ちに参加しても良いかなと思ってしまった。

ええ、もちろん嘘です。
[PR]
by snowandwind | 2006-03-20 23:27 | 仕事

禁酒と禁煙

明日から禁酒しようと思ってるのだけど、飲んだくれるようになってはじめて、意外に禁酒もしんどいことに気付いた。
禁煙ほどじゃないとは思うけど、なんだろう、夜になると飲みたくてウズウズとね。正直に言えば、夜になる前に、ヒマだと昼間っから飲みたくなるよーになってしまった体にとって、飲まないというのは気が滅入るのぉ。
ついでにと言うわけじゃないけど、どっちかって言えばこっちがメインなんだけど、明日からダイエットもしようと思っている。
つまり、太りすぎなのだ。
もうかなり春だし、そろそろやらないと夏に間に合わないのだった。

10代の頃とか少なくとも20代前半まではそんな我慢ってしなくても良かったのに、いろんなことを我慢しなくちゃいけない年頃になったんだなぁとじみじみ思っていたんだけど、よーく考えれば10代20代の頃も違うジャンルでの我慢は強いられてきたよーな気もしてきて、そんな気がしてきたらそれは確かなことに思えてきた。金がなくて食いたいのを我慢しなくても良くなったら、食い過ぎて太りはじめてダイエットで食べるのを我慢すると。
つくづく、人生って言うのはいろんな我慢をしなくちゃならないよーにできているんだなって、少しブルーになってきた。
明日になるまでまだ30分あるし、飲むかな。
[PR]
by snowandwind | 2006-03-19 23:22 | 健康
イチロー先生のことを、性格はともかく、嫌いであろう日本人は少ないと思われ、WBCでの発言や行動はさらに好感度UPさせたことは想像に難くないのだけれど、ちょっと、セルフプロデュースが下手なのかなって思う。
昨日の韓国戦、熱くならないで欲しかったなぁ。
実際に「野球人生で最も屈塾的な日」だったのだろうけど、そこは、インチキスポーツマンシップと言われようがなんだろうが、勝った韓国を讃えるイチローであって欲しかった。なってったってメジャーリーグで殿堂入り確実と言われてるぐらいのスーパースターなんだから、余裕というかなんというか、大きさみたいなものを見せて欲しかったなぁ。そしたら日本だけでなく韓国の野球ファンもイチローのことを好きになっただろうに。

その点、意外なことにほぼ合格だったのが、今話題のボクサー亀田興毅先生。先日の試合でもローブローだなんだと騒然とする試合直後のリングで、KOした選手のところへ行きちゃんと健闘をたたえていたのだ。当たり前と言えば当たり前なんだけどそれはそれで素敵な行為で、実際にそうであるかどうかは別にして、彼はひょっとしたらしっかりした好青年なんじゃないかって妄想を感じさせるに十分な行為だった。普段野卑な言動を取る人がちょっとでも一瞬紳士的な素振りを見せるだけで好感度は上がるという典型的な例だよな。悪い人相の男が捨て犬を抱き上げるみたいな劇的な印象の変化ね。
一方、そんな息子を逆に、挨拶行くんじゃねーと止めていた亀田親父のバカエキサイトぶりは、印象は最悪ながら、それはそれでかなり笑えた。

選手として大好きなイチロー先生だからこそ、亀田興毅先生のその先を行って欲しかったわけで、今回の態度だけに関して言えば、イチロー先生は亀田興毅よりも亀田の親父に近かった。

セルフプロデュースが意外にうまくないんじゃないかと思う。
誤解されやすい人なのかもね。
[PR]
by snowandwind | 2006-03-17 06:11 | sport

下痢したっす。

お腹がゆるいのだった。
朝起きた時に多少熱っぽいな咳が出るなって。
あれ風邪?とかなんとか言っているうちにお腹が痛くなってね。
おうおうおうおう!ってね、何度もトイレに駆け込む展開へ。
たかが『お腹が痛い』なんだけど、実際にはかなり微妙に困ったわけで、何が困ったって、お腹が痛いからってなかなかに仕事は休めないのだった。
お腹が痛くて仕事を休むって言うのはちょっとためらう。熱が出ましたってほどの説得力がない。40度!とか言わなくても、『熱があるの』と言えば、よほど切迫した状況でない限り、なんて言うか、なるほどそりゃ仕方ない感は双方ににじみ出るのだけど、『お腹が痛いの』にはそんな効果はない。
だから?みたいなね。
何時になるの?みたいな。
熱がある時は、奥の手として、妻に頼んで仕事先へ『熱がありまして・・・』みたいな電話をしてくれるように頼むことができても、お腹の場合は『お腹が痛いって言ってるんです・・・』って頼みづらい。
なんとも『お腹痛いの』は苦しさに見合わない症状だったりする。

さらに熱があるよりもお腹痛いって方が、実際に無理が利かなかったりするのだ。
少々熱があったって運転はできるけど、下痢していると、渋谷NHKまで車で30分コースはもっても、フジテレビお台場車で1時間コースはもたなかったりする。もたないっていうことはどーゆーことかというと一言でいえば大変なことなのだ。
大変なんだけど大変な感じがしない『お腹が痛いの』なのだった。

正露丸飲みまくりなところが先方に伝わっているのかどうかも微妙ながら、本日は、2時間遅れで会議に出席しました。
2時間遅れ!?
はい。
まぁ、それが許されるっていうのも業界ですなぁ。
そんな業界のゆるさに感謝っす。
[PR]
by snowandwind | 2006-03-16 03:51 | 人生な感じ

人間ドック

来週の23日に人間ドックに入ることになりました。
午前中の半日だけの奴なんですけど、脳MRIとかもやっちゃいます。
本当は、中性脂肪をクリアするために痩せてから行くつもりだったんですけど、痩せる努力をしてもいっこうに痩せる気配はないし、昔からの知り合いのちょっと霊感の強い社長に、久々にあったら、「昨日、君の夢を見た。人間ドック行った方が良いよって忠告する夢。胃の調子悪くない?」みたいなこと言われたから仕方なく予約。
まあ、昔から、その手の霊感がかった人の一言とか、名のある占い師のご託宣に弱いのだった。
[PR]
by snowandwind | 2006-03-15 05:08 | 健康