カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:競馬( 8 )

ヴァルプリス屈腱炎

やぱーりというか、なんつーか。
ヴァルプリス、屈腱炎。
脱力中。
[PR]
by snowandwind | 2006-12-21 00:56 | 競馬

凱旋門賞の真相

ディープインパクトの凱旋門賞3着が取り消され失格となった。JRAから発表された経緯は以下の通り。

「9月13日、ロンシャン競馬場でのスクーリング後にインパクトがせきをした。その後、同行した日本人獣医師に相談し、フランス人獣医師の処方を受けながらイプラトロピウムを購入。9月21~25日にかけ、フランス人獣医師から借りた吸入器を使用しながら症状の悪化を防いだ。イプラトロピウムは通常、24時間で体外に排出されるなどして消失する。25日を最後に使用しておらず、10月1日まで中5日あければ体内に残らないと判断、使用された」
しかし「イプラトロピウムの使用中に、アクシデントがあった。インパクトが暴れ、薬品を送り込むチューブが機器から外れた。その時に薬品が飛び散り、馬房内の敷料、馬房前に置いてあった乾草に付着。これが2度、起きた。イプラトロピウムは揮発性が低く、飛び散った後に消失するまでは長時間を要する。しかし、敷料や乾草は入れ替えなかったため、薬物が付着したままの乾草をインパクトがレース前に摂取し、その後の検査で陽性反応が出たと考えられている。池江泰郎師は、馬が暴れたことをレース後に初めて知ったという」

おそらくこれが真相なのだろう。
なんともお粗末。
日本中を巻き込んでいたことを考えれば当然これらのことについて慎重になるべきで知らなかったではすまされない。
お粗末。

皮肉なことだけど、ディープが勝っていなかったことがお粗末な関係者にとっては唯一の救いとなった。
不愉快だなぁ。
[PR]
by snowandwind | 2006-11-17 12:31 | 競馬

年内で引退すか?

ディープインパクトが年内に引退して来春から51億円のシンジケートで種牡馬入りなんだそうだ。池江先生にも武豊先生にも相談はなくオーナーである金子ホールディングスだかの決定で、二人には結論だけ伝えられたそうだ。
ふーん。
どうにも釈然としない。
金子ホールディングスの所有物、引退させようが走らせようがオーナーの勝手。

どうにも釈然としない。
そもそもそんなオーナーの馬だからオーナーの勝手なんてな理屈は普通の馬のことであって、フランスでの海外レースに日本人5000人が集結し、NHKが生放送し、それが15%以上の視聴率を取れる馬が、普通の馬であるはずがない。

オーナーの中にはディープインパクトがすでに国民的な馬になったっていう認識がまるで欠如している。国民を納得させる義務があるのだ

51億の馬が万が一故障でもあったらだれが保証するんだってことなんだろうけどね。欧州では当たり前な4歳での引退だけど、そうやってスターホースが早々といなくなって衰退を招いたのも欧州競馬。

どんな理屈をつけても結局はロマンよりもお金を取った印象はぬぐえない。

正直がっかり。フサイチの名前が付くのは嫌だけど、ふさいちがオーナーなら良かったのになぁ。
[PR]
by snowandwind | 2006-10-12 00:48 | 競馬

凱旋門賞速報

ディープインパクトさんは早め抜け出し粘りきれずで3着。

ああ。

大好きな武豊先生でも言ってしまおう。
あのレースを見たかったわけじゃないし、
あのレースをしたかったわけじゃないよなぁ。
同じ3着でも、大外ぶん回して届かずの3着なら誰もが納得するんだと思うんだけどなぁ。

消化不良。
飲も。
[PR]
by snowandwind | 2006-10-02 01:09 | 競馬

ヴァルプリス故障か?

夢のような3日がたたないうちに悪い噂が流れている。
お願い、屈腱炎はやめて。
[PR]
by snowandwind | 2006-09-14 00:10 | 競馬

ヴァルプリス新馬勝ち

個人的なことで恐縮ですがっていうかみんな個人的なことなんだけど、9月10日中京競馬場で行われた新馬戦で、一口持っているヴァルプリスさんが優勝しました。一家総出で中京遠征のはずが、子供が熱を出して急遽日帰り単独遠征。正確にはそりの合わない名古屋在住の父親と合流して二人観戦。普段は仲の悪い二人ですが、あまりの暑さに、言い争う気力もなく、向こうも孫に会いたかっただろうけど、そんなことより涼しい場所でビールっつー感じで、中京競馬場で名古屋駅で祝杯と称して飲んだくれたまあまあな二人。

そんなことはどうでもいいのです。
この時期に新馬勝ちというと、札幌でクローバー賞を勝ったウインラディウス以来。この後のローテーションは不明ですが、もう一つ勝っちゃうとまた夢というか妄想ができそうでとても楽しみなのです。
[PR]
by snowandwind | 2006-09-12 05:23 | 競馬
キングジョージ6世&クイーンエリザベスDSでハーツクライは3着。
惜しい。
でも良いレースだったなぁ。
ルメール騎手の仕掛けがもう少し遅らせていたら・・・って思わなくもないけど。
いやいや。
言っちゃダメだね、そんなこと。
良いレースでした。
[PR]
by snowandwind | 2006-07-30 01:29 | 競馬

馬選び

馬選びの季節です。
この時期、例年だと毎晩パンフレットの写真を眺め、DVDをチェックし、血統を検討しているのだけど、今年はW杯観戦に忙しく、なにげに力入っていないのだった。
そのせいなのか、それともそもそも馬自体に飽きているのか、今年の募集馬の中に、写真だけでピンと来る、琴線に触れるような馬は見あたらず。
基本的にお金もないのでそんなに高い馬は買えないし、安い馬には安い理由も確かにあって、コレだという馬を一頭絞り込むことができなかったですねぇ。
今年はパスしようかと思ったけど、一昨年もパスしているしぃ~と一応申し込む。

うむぅ。
こんなこと言っても仕方ないけど、ちょっと高くない?

近々、申し込んだ馬の馬見をUPします。
[PR]
by snowandwind | 2006-06-25 20:10 | 競馬